日日是好日

多発性硬化症とお付き合いしていく、猫好きワーカーの記録

MS(multiple sclerosis:多発性硬化症)発症の経過(その2)

木曜日。異常を感じてから4日目。

この日は正直なところ、特に変化を感じることもなく過ごしていました。

翌日に検査をする、と決まっていたため気持ちが落ち着いていたのかもしれません。

痛みの感じ方や見え方(視界の横一線にグレーのラインが見える)など、冷静に観察していたように思います。

 

金曜日、5日目。

この日は元々、母親と出かける予定で有給休暇を取っていました。

国立新美術館で開催されていた「マグリット展」に行く約束をしていたのです。

学生時代に渋谷のBunkamuraで開催されていたものに行って以来でしたので、心から楽しみにしていました。

(ちなみに一番楽しみにしていたのは「光の帝国」がまた見られる!ということでした)

ですが、この日になると視界がかなり悪化していまして、ぼやけて見づらいエリアが相当広がっていたように思います。

左目で見る視界は、ぼやけていない部分もなんだかザラついていて、擦りガラス越しに見ているよう。明るさもかなり落ちていたので、両目を開けていても実質右目だけで見ているような感覚でした。

そんな具合でしたので、せっかく楽しみにしていたマグリットの絵画もイマイチよく見えず、必死で近付いて右目を凝らす、ということを繰り返していたのをよく覚えています。

 

母親と別れ、夕方から眼科へ。眼科の検査では「眼底の撮影」と「視野検査」を行いました。

視野検査の結果、左目の右下がすっぽり抜け落ちているという結果に。水曜日に感じていた”視野が欠けてる気がする”というのは正しかったようです。

問診では、眼球の動きと眼球チェック。現時点での見え方、痛みについては細かく伝えました。「甲状腺の病気に罹ったことはあるか?」という質問もありました。

以下は、診察直後にスマホにメモした内容です。先生とのやり取りや、その時に感じたことがそのまま残っているので、少し長くなりますが転記します。

 

=======ここから転記

しばしの沈黙の後、先生曰く「球後視神経炎だと思うんだよね」とのこと。
予想通り(´ Д ` )
(眼科医)「できるだけ早く大学病院に行ってほしい」
(眼科医)「ただ、今の時点で薬を出すかどうか悩むんだよね…」
(眼科医)「いくつだっけ?」
 
「…まだお若いから、私としては早く治療を始めたい。でも、薬を飲んでしまって、病院に行ったときに症状が治まってしまっていると原因がわからない」
 
ネットで調べた限りでは、私より視力低下の度合いが酷かったであろう方たちは気付いてから数日でガンガン視力が落ちてた。
見え方がおかしいことに気付いてから、今日で3日目。
初日よりは明らかに進んでいるけど、昨日と比べたらそれほど変わりはない。
なら、何が原因なのかわかった方がいい。
気付かない部分の副鼻腔炎なのか、他に原因があるのか。
 
(私)「見えにくくなったのが水曜日で、今日で3日目なんですが。見えない感じが進んだようには感じていなくて…」
(眼科医)「(カーテンを開けてスタッフさんに)▲▲大の眼科って、明日はやってる?」
(スタッフさん)「午前中ならやってます」
 
明日の午前中、行ける?と聞かれる。
もちろん!
先生、明日の午前中で予約を入れて、とスタッフさんに指示。
 
スタッフさんのお話では、FAXで依頼をかければ15分で回答が来る、とのことだったのだけど、17時を過ぎてしまっていて受付電話終了orz
 
とにかく紹介状を書くので、申し訳ないけど明日直接行ってください、と言われる。
=======転記ここまで
 
この時に眼科の先生が自院で治療せずに「大学病院へ」と言ってくれたこと、付近にそこそこ有名な大学病院があったこと、この2つがとても良かったのだと、今でも思っています。