日日是好日

多発性硬化症とお付き合いしていく、猫好きワーカーの記録

入院初日:視神経炎の治療開始

月曜日の診察では教授先生に診ていただきました。明らかに『球後視神経炎』だろう、ということで水曜日から入院、治療することに。

 

バタバタと仕事の引継ぎを終えて、入院初日。

視神経炎の治療、ということで眼科病棟での入院となりました。

入院したのは6人部屋で、同室の方はみなさま白内障の手術を受ける/受けた方のようでした。当然、年齢層も高め。自分の親世代と過ごす生活がスタートです。

患者さんの入れ替わりはとても激しく、私が入院してすぐに2名の方が退院され、午後に1名の方が新しく入院されていました。

 

病室に到着後、薬剤師さんから常用薬とアレルギーについてのヒアリング。

その後は看護師さんから簡単な治療の説明と食事のアレルギーについてのお話を受け、さあ治療開始…かと思いきや、眼科の先生が来るまで待機ということで1時間ほど待つことになりました。

お昼ご飯を挟んで、いよいよ治療開始です。

 

視神経炎の治療では『ステロイドパルス』と呼ばれる点滴をします。

通常よりも大量のステロイドを短期間にドカン!と投与し、炎症を抑え込むという方法。

3日間の点滴を1クールとし、1クールが終わるごとに回復状況を確認します。1クールで改善される人もいれば、3クールでも回復が弱い人もいるのだとか。

私が点滴で使った薬は”ソル・メルコート”という名前で、3時間かけて点滴していくという方法でした。副作用で胃を荒らしてしまうため、胃薬のガスターも同時に点滴開始です。

 

点滴開始後、強烈な吐き気に襲われました…初めての点滴に身体が反応したのか、薬剤の影響なのか。

グッと堪えて横になることで次第におさまりましたが、もう少し続いていたら絶対にナースコールしてしまったと思います。普段の生活の中で感じる吐き気よりもはるかに強烈でした。

 

3時間の予定で始まった点滴でしたが、実際には2時間半ほどで終了しました。

吐き気の影響もあってほとんど寝て過ごしていたため、あっという間だったなぁというのが正直なところ。

 

ステロイドパルスを行うと血糖値が上がる場合があるそうで、この日から毎食前に血糖値測定が始まりました。

耳たぶに小さな針を刺し、血液を採取してその場で調べる簡単な検査です。”針を刺す”といっても輪ゴムがパチンと当たるぐらいの痛みなので、本当にあっという間に終わります。

私の場合、ステロイドパルス中の血糖値は130~150ぐらいで変動していました。パルス中でこの程度の数値なら問題はないそうです。

 

序盤の吐き気以外は順調だった初日ですが、夜になって腰と膝の関節痛に悩まされました。

暑いわけではないのに、額や太ももが汗でびっしょりになるなど、この晩はほとんど寝付けなくて辛かったと記憶しています。