日日是好日

多発性硬化症とお付き合いしていく、猫好きワーカーの記録

入院2日目:パルス2日目、明るさが少し戻ってくる

前夜は腰と膝の痛みに加えて股関節痛まで出てきたため、ほとんど眠れませんでした。

明け方にようやくうとうとできたぐらいなので、頭はほぼ回っていません。

 

視界の方は変わらず見えないままではあるものの、全体的に少し明るさが戻ってきたように感じられました。

とはいえ、この時点では視力に変化はなく、視野も欠けたまま。眼球を動かした際の痛みも、まだ残っています。

 

この日、朝の病棟診察で主治医のDr(初診を担当してくださった女医さん)から血液検査の結果を教えていただきました。視神経脊髄炎(NMO)の可能性を考慮して、入院前に抗AQP4の抗体を調べてもらっていたのです。

保険適用の検査方法(ELISA法)ではあるものの、結果は陰性。ひとまずはNMOの可能性は低いだろうということになりました。この時点では多発性硬化症の可能性は除外できずにいましたが、NMOではなさそうということでひと安心したのを覚えています。

 

(注)視神経脊髄炎(NMO)だから悪い、ということではありません。NMOであってもMSであっても、適切な診断を受け治療を行うことで症状の進行を防ぐことができます。NMOの場合は再発時の症状が重くなる傾向があるとは聞いていますが、この点も個人差による部分はあると思っています。

私が「ひと安心した」のは、NMOの場合は両眼に症状が出やすいと聞いていたので、ひとまず片目で済みそうだと思い安心した、という意味でお読みいただければと思います。

 

 

ステロイドパルス2日目から血糖値が上がるようになりました。

朝食前の測定でも135、昼食前には153にまで上がり、今まで『血糖値』という単語と無縁の生活を送っていた身としては、さすがに不安になります。

(ちなみに、後日看護師さんに相談したところ「点滴中は上がりやすくなるので気にしなくて大丈夫」とのことでした。ご参考までに!)

 

2日目のパルスは初日のような吐き気もなく、3時間半ほどでスムーズに終了しました。

関節の痛みが出ることもなく、この日は平穏無事に眠りにつくことができました。