日日是好日

多発性硬化症とお付き合いしていく、猫好きワーカーの記録

入院5日目:パルス1クール目の効果は・・・?

前日に早く寝たお陰なのか、この日は5時に目が覚めました。

脇の下、首筋、脇腹などが筋肉痛のように痛みます。最初は「外出したから筋肉痛かな?」と思っていましたが、筋肉痛にしては妙な場所が痛むので気になっていました。

 

この日になると、視野の明るさはかなり戻ってきたように感じられました。

大学病院での初診時と同じぐらい。

まだ見えない部分は残っていますし、眼球運動痛も少しありますが、日常生活なら何とかなりそうだな、と思えるぐらいには回復しています。

  

眼科診察前の視力検査では、視力検査のマーク(Cみたいなアレですね)が認識できるようになっていました。入院時には「どこにマークがあるんですか!」という有様でしたので、この出来事にはちょっと感激しました。

この日、視力は矯正で0.4まで回復。視野も少し戻っています。

 

このまま治療終了で、あとは自然回復になるのでは?と考えていたのですが、結果的にはステロイドパルスをもう1クール行うことになりました。

完全に回復しているわけではないし、ここまで回復してきているのなら1クール追加で勢いをつけたい、というのが教授先生の意見です。

とはいえ、パルスで何か副作用が出ているのなら無理に2クール目をやらない方が良いとのことで血液検査を。

血液検査の結果は問題なかったのですが、身体に痛みが出ていることが気になるので、もう少し検討してからパルス2クール目を決めましょう、ということに。

 

ちなみに、眼科の教授先生が言っていた『検討』というのは神経内科の先生に診ていただくことだったようで・・・

病棟でのんびりコーヒーを飲んでいたところに「神経内科の診察あるからね」と看護師さんに言われ、慌てて病室に戻ったり・・・なんてこともありました。

 

その後ふらりとやってきた先生は、しばらくあちこち触ったり叩いたりしていましたが

「これは副作用ではなくて、リンパじゃないかな?」

と仰ってお帰りになりました。来た時に持っていた鞄を置いて。

 

少し経ってから「鞄、ありませんかね?」と再びふらりと姿を見せた先生を見て

"…大丈夫かな?"と少し不安に思った反面、"この先生は面白そうだな"とも思いました。

この時に診ていただいた先生が、現在の主治医のドクターです。

 

この時点で「多発性硬化症の疑いあり」とは言われていました。

が、パルスを始めてしまった後で検査をするわけにもいかず、ひとまず治療を進めて様子をみましょう、という方向になっています。

今回の視神経炎が多発性硬化症の症状なのか、単純な視神経炎なのかが判断できるのには、少し時間がかかるのだな、と思った記憶があります。

 

2クール目の可能性=入院が延びる可能性が出てきたので、職場にはこの日に一度連絡を入れていました。

実家にも、簡単に経過報告を入れています。

 

「夕方のカンファレンスで今後の方針を決めます」ということで、パルス2クール目については明日の朝まで持ち越しとなりました。