日日是好日

多発性硬化症とお付き合いしていく、猫好きワーカーの記録

入院6日目〜7日目:パルス2クール目へ

≪6日目≫

この日からいよいよ、パルス2クール目に突入します。

 

朝食前の診察では、反射反応が良くなってきている、と言われました。

朝食を済ませて、いよいよ点滴開始です。

 

ステロイドパルスの副作用で寝付きが悪くなる(ギンギラに覚醒しちゃうみたいです)ことを避けるために、点滴はいつも午前中からスタートしていました。

1クール終了時点で点滴ルートを抜いていたので、この日は再び腕に針を刺すことに。

…なのですが、担当してくださった方があまり慣れていらっしゃらなかったようで、見ているこちらが相当ハラハラしました。

針を刺しただけで左腕が血塗れになったり、1回目のようにスムーズにはいかなかったなぁ…

 

ちなみに、パルスが始まってからお手洗いの回数が増えました。

最初は「何事?!」と不安に感じていたのですが、どうやら点滴で体内の水分が増えているため、だったようです。

確かに、お薬と一緒に生理食塩水も入っているわけですし、自覚はないものの水をがぶ飲みしているのと同じですし。

 

パルスの副作用?なのか、入院中はずっと微熱が続いていました。

本人には全く自覚がなかったのですが、検温の度に「あら、微熱ね〜」と言われていました。

 

≪7日目≫

2クール目になると、点滴されている側もだいぶ慣れてきます。

とはいえ当初は1週間ぐらいの入院、と言われていたので、その日を迎えてもまだ入院か…と少し凹みました。

 

左目の炎症はまだ残っているものの、経過は順調。

この日はサッカーの代表戦があったので、夕食後はいそいそとTVに向かいます。

試合を見ることができる幸せを噛み締めていたら、大部屋の向こう側から

「あー!」という悲鳴や「いけー!」という声が聞こえてきます。

同じ部屋には、救急搬送された高齢の女性が入院していたのですが、どうやらサッカーがお好きだった様子。

具合が悪いのだと勘違いした同室の方が「…大丈夫ですか…?」とそっと声をかける、という微笑ましいひと幕も見られ、7日目の夜は平和に過ぎていきました。