日日是好日

多発性硬化症とお付き合いしていく、猫好きワーカーの記録

退院から5日目:退院後、初の外来

退院から気付けば5日。

この日は退院後、初の外来受診でした。眼科と神経内科のダブル受診です。

 

まずは眼科で視野検査と診察を受けます。

視野の方は中央部分にまだ見えづらい部分が残っているものの、回復過程としては上々のようです。

瞳孔の反応も(完全ではないけど)戻ってきているとのこと。

視力も矯正で1.2まで回復している、と主治医も嬉しそうでした。

 
そして初の神経内科へ。
入院期間中の診察で、鞄を忘れてお帰りになってしまったあの先生です。
 
開口一番「しばらく聞かないと思ってたら、退院されてたんですねー」と。
そこ、共有されてないんだ!とびっくりしつつ、退院した週明けから仕事に復帰していること、視力は矯正1.2まで回復していることを伝えます。
 
ふんふんと話を聞きながら何か紙を取り出した先生、さらさらと絵を描き始めます。
目と脳と脊髄の絵を描きながら、今の状態を淡々と説明する先生。
 
神経のお話。中枢神経と末梢神経。
今回は眼の神経に症状が出たけれど、MRIで3箇所の病変があるので多発性硬化症の疑いが高い。
ただ、初発なので確定ではない。再発しないと確定診断はできないけれど、でも可能性は高いと思う、と。
 
多発性硬化症の場合、薬で再発を抑える治療法になる。
ただ、薬を使っている間は妊娠を避けないとならない。
 
治療をいつから始めるかは医者によって様々で、”多発性硬化症疑い”の時点から始めるお医者さまもいれば、再発した段階で治療スタートにするお医者さまもいる。
専門の先生のなかでも意見は様々だ、と。
 
実は、視神経炎であるとわかってからネットで色々と情報を調べていました。
なので、多発性硬化症がどんな病気で、どういった治療法があるのか、何に気を付けなければいけないのか、といった情報は何となく知っていました。
そんな状況だったので、神経内科のお医者さまから聞いたお話も、ほぼ想定内でしたしショックを受けることはありませんでした。
あ、やっぱり。というのが当時の正直な気持ちです。
 
とはいえ、一縷の望み(?)をかけて質問してみました。
MRIで映った病変が、他の疾患の症状だという可能性はありませんか?
 
先生は”おっ”という顔になり、表情そのままで「いい質問ですね!」と仰いました。
続けて「病変の場所からして、ほぼ間違いないと思う」とのお答え。
 
さて、どうしたものか…と思いつつも、今のところどうしようもないので。
ひとまずは経過観察ということでMRIと診察の予約を取って終了です。