日日是好日

多発性硬化症とお付き合いしていく、猫好きワーカーの記録

引越し前後で慌ただしかった秋

入院した年の11月、引越しました。

引越し先は同じ県内。それまで住んでいた市を県央とすれば、新しい住まいは県北になります。

とはいえ、実質としては2つほど市を挟んだだけ、移動時間も1時間ほど。

引越しが決まってから当日までは1か月ほどあったはずなのですが、荷物がとにかく多かった私は、直前まで仕事が立て込んでいたこともあり荷造りが追い付かず。

季節の服や本はあらかた詰めていたものの、日常的に使っていたこまごまとしたものが意外と多くて、最終的に徹夜&気合で箱詰めミッションを終わらせたのでした。

 

当然、荷解きにもかなりパワーが必要だったのは言うまでもなく。

徹夜の荷造りから翌日の荷運び、荷解きして寝床を整えるまで約40時間ぶっ通しで起きるという荒業をする羽目に。

しかも、引越しから2日後にはサッカー観戦に出かけるという強行軍(近場とはいえ)をやってのけたので、あちらこちらに不具合が出る始末。

そんなわけで、10月後半から12月半ばまでは相当まいっていました。

 

当時のメモを読み返してみると

筋肉痛、だるい、しびれる、だるい、何もしたくない、、、

いま思えば、11月にあれもこれもとすし詰めにしてしまったのが良くなかったんじゃないかなー、という気がしなくもないのですが…

  

この月の終わりには3か月ぶりのMRIを撮りました。

翌月の診察で見せてもらった画像には、白くぼんやりとした病巣が。こうして再発と共に『多発性硬化症疑い』から『ほぼ確定』に移行したのでした。