日日是好日

多発性硬化症とお付き合いしていく、猫好きワーカーの記録

2016年4月:セカンドオピニオン先を決める

前回(3月)の診察では治療方針どころか(ほぼ)何も決まらなかったわけですが、今回は最新のMRI結果を見ながら今後の方針を練ります。

 

MRIの結果…

・脳病変は増えていない。前回のものは薄くなっている。
視床下部病変は確かにNMOに出やすいが、MSでも見られることがある。
他にNMOの特徴に似た病変は見当たらない。
その他の病変はMSらしい形をしている。

 

そして、MRI以外の検査結果から他の疾患の可能性をひとつずつ潰していきます。
膠原病、細胞の抗体は異常なし。シェーグレン症候群の可能性は不明(調べていないので)
・抗AQP4抗体も陰性。但し、ELISA法での検査なので、厳密に検査した場合は弱い陽性だった、という可能性はある(※1)。
・抗MOG抗体で陽性反応が出る可能性はある(※2)。

 

※1

抗AQP4抗体の検査方法には『ELISA法』と『Cell-based Assay法』という方法があります。

私が発症した時点では、『ELISA法』は民間の検査会社によって保険適用でできる検査でしたが、『Cell-based Assay法』は特定の大学に検査を依頼しなければなりませんでした。

そのため、最初の血液検査では『ELISA法』での検査を行っています。

ELISA法は精度がやや劣るものの、検査結果が早く入手できるというメリットがあります。

 

※2

MS、NMOと似ているけれども別の病気『抗MOG抗体疾患』があります。

この病気に関してはまだよくわかっていないことが多いのですが、血液検査で『抗MOG抗体』という値を調べることで鑑別ができます。

 

 

さて、可能性がありそうなものを絞り込んだうえで今後の方針としては3つ。
①MSだとみなして治療をスタート
→万が一NMOだった場合、大きい再発に繋がる可能性
②次回の再発まで様子をみる
→次回の再発が大きかった場合のリスク(と、治療しないことでの潜在進行リスク)
セカンドオピニオンを受ける
→国立精神・神経医療センターか東北大の2択
順天堂と女子医大も専門外来があると思ったのですが、それよりもこの2箇所をお勧めされました。

国立精神・神経にも東北大学にも、この分野で有名な先生がいらっしゃいます。

ですが、東北大学は流石に遠いので


・国立神経へのセカンドオピニオンで。
・次回診察までに必要書類は整えてもらえる
・次回予約は5月上旬で。

 

ということになりました。

人生初!のセカンドオピニオン。どうなるのかな?